観光

下津井は古くから港町として繁栄した港町で、 東部には名峰・鷲羽山を要し、
瀬戸内海国立公園が視界いっぱいに広がる大変に風光明媚な土地柄です。

下津井の歴史と文化

膳を彩る旬の味覚

下津井は古くから港町として繁栄した港町で、東部には名峰・鷲羽山を要し、瀬戸内海国立公園が視界いっぱいに広がる大変に風光明媚な土地柄です。

天然の良港に恵まれ、古くから「風待ち・潮待ちの湊」として文献に記されています。また、江戸時代から明治時代にかけては、備前岡山の南の玄関口として北前船の寄港地として栄え、金比羅参りの渡し場としても賑わいました。

現在も漁業が盛んで、「下津井蛸」が大変に有名です。港の近くでは11月頃からは蛸を天日干しした風景が見られ、地元漁協による小売市場も催されています。瀬戸大橋の架橋に伴い近代化が進みましたが、常夜灯や雁木、古(いにしえ)の建物も残っており、岡山県によって町並み保存地区に指定されています。

景勝地の観光のほかにもショッピングやレジャー施設も多数あり、大人から子供までたっぷり楽しめる、それが下津井です。
皆さまのお越しを心からお待ちしております!

児島観光マップ(クリックでPDFが表示されます)

倉敷観光WEB
記念日をすごすまち 倉敷
 
 
 
 

観光